龍が如く

龍が如く 極 -
龍が如く 極 -
すごーくたまに、
コーヒーでなく紅茶飲みたくなって
自分で淹れてみるんだけど大しておいしくない。
リプトンのがよっぽどおいしい。
Beckyamです。



もう4月でやんのギャッハァー!!!
すいません。3日坊主よくない。
更新がんばるよ!
頑張らないていどにがんばるよ!



本日のテーマは「龍が如く」シリーズ!
プレイステーション2で発売された「龍が如く」は
主人公「桐生一馬」の極道の世界での生き様を辿り
東京「神室町」(ていうか新宿)を駆け巡る
ドタバタバイオレンスサスペンスコメディー!(私の印象です)
本筋も素晴らしいのですが、
ミニゲームというか、寄り道が充実。
バッティングセンターに入り浸りました。

同じくPS2で発売された「龍が如く2」においては
桐生さんが関わる関東の「東条会」と
関西の「近江連合」とでしっちゃかめっちゃかドタバタ抗争が発生し
舞台も東京と大阪「蒼天堀」(ていうか道頓堀)を行ったり来たり!
マップが増えたよ!やったね、たえちゃん!
これであなたもジングォン派!
ゲーセンに入り浸りました。

「龍が如く3」はPS3で発売!
今度は東京と沖縄を往復!
飛行機です!桐生さんお忙しいです!
マップが(ry
キャバクラに入りb(ry

4、5、は、やってないからわかんないや!

最近では「龍が如く」よりも過去を舞台にした「龍が如く0」が発売!
舞台は1986年!
ポケベルです!
ミニ四駆です!
ゲーム内では「ポケットサーキット」だったっけ?
ミニ四ファイターにそっくりなお兄さんも出てきて
なんかもう嬉しくて鼻血出そうだった。
でも1986年だったら「ダッシュ四駆郎」時代のはずだから
「レッツゴー」時代のフルカウルのカートが出てくるのはおかしいと思いますどうでもいいね。

現在は6を開発中みたいです。
出演させるキャバ嬢のモデルオークションもやってるみたいよ。
もう終わったかな?

このシリーズには、俳優さんがポンポン出てきます。
声優としてだけでなく、顔がまんまの方がすげー出てきます。
桐生さんの育ての親の声は渡哲也さんだし。
私の知人女性はこのシリーズのおかげで竹内力のファンになっちゃったし。
関係ないけど、
「0」に出てくる「ラオグェイ」っていう大陸の暗殺者さんが
仕事の取引先のお得意さんにすげぇ似てて
会うたびに死にそうになる。腹筋が。

同僚「Beckyamさん、ラオグェイさん来ましたよ」
私 「了解です。てめー後でぶん殴る」

そんな楽しい職場。
ほのかにブラック!



脱線した話ばっかりしてるけど
本筋の話も本当に面白いです。
「0」は泣いた。ボロボロ泣いた。
ラオグェイは強かった。
The Best で安く売ってるし、
「龍が如く」をリメイクした「龍が如く 極」も売ってますので
是非是非!おすすめですよ!



ではでは、今日は緑茶な気分。
花粉症に効くわー。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ゲーム ブログランキングへ