ロックマンシリーズ

ロックマン クラシックス コレクション -
ロックマン クラシックス コレクション -

どもどもーBeckyamです。

さみい。
急にさみい。
昨日行った銭湯が恋しい。



はてさて、
今回はロックマンシリーズのご紹介。
といっても昔のしかやったことないけど。



えっと、うちには「ロックマン3」がありました。
ええ。
ファミコンですが。

…このままだと、レトロゲームコラム専門サイトになりそうな。

まあ、いいや。
とにかくロックマンですよ。

兄貴と一緒にくにおくん。
一人のときはロックマン。
こんな感じに30分ずつピコピコしてたんで、
くにおくんの次に好きでした。



基本的にロックマンシリーズは
横スクロールのアクションゲームでありまして
ロックマンの片腕がなんというか
コブラのサイコガンのなり損ないというか
サイコガンの細い部分が根本から折れたというか
なんかそんな感じの「ロックバスター」なるなんともいえない兵器から
真っ白い米粒みたいな弾丸を
「ピニョピニョ!」っていうこれまたなんともいえない音とともに吐き出しながら
進むわけですね!


んで、基本的に、ムズい。


ロックマンには体力ゲージがありまして、
敵からの攻撃でこのゲージが減っていくんですが、
油断すると死ぬ。
油断しなくても死ぬ。
あっという間にティウンティウン。
そうです。
ティウンティウンです。
ロックマンが戦闘不能になると、
その体を構成するエネルギーが弾けとんで
こんな音が鳴るんですね。
この音が、あの有名なティウンティウンです。

で、このティウンティウンですが。
ステージ上の、針に当たるとティウンティウン。
穴に落ちてもティウンティウン。
まあ穴に関してはマリオとかでも一緒ですが。
針ですよ。
一撃ですよ。
どんなボスよりも針がこわい。
ロックマンは先端恐怖症なのです。

幼稚園児にとっては、ボスにたどり着いた時点でゴールでした。



で、今のロックマンは知りませんが、
昔のロックマンは裏技がいっぱいでした。
ロックマン3では、
2Pコントローラで右ボタンを押している間はジャンプ力が二倍になり穴に落ちても死なない。
2Pコントローラで上(下だっけ?)ボタンを押している間は敵も味方もスローモーションに。
こんな、訳のわからない裏技がありました。

だから常に2コンに洗濯バサミだよね。
うちではファミコンの入れ物に洗濯バサミ入れてた。
干すの?って言われた。友達に。



幼稚園でお絵かきをする時は、
まわりの友達が仮面ライダーとか何とかレンジャーとかにこにこぷんとか描いている中
私はいつでもロックマン。
簡単ですよ。
クリリンに青いヘルメット被せればロックマンになっちゃうから。
額に6つ点を足しちゃって
よく兄貴に訂正されてました。



最近はスマブラに出てきたね。ロックマン。
感動した。
カプコン、やるじゃないか。

モンハンやってて行き詰まった時に
バカプンコ呼ばわりしてゴメンね。



ではでは、こんな感じで。
次回はどーしようかな。

急に冷えてきましたが、
お風邪を引かれませぬよう。
暖かい珈琲飲んで、
目を爛々とさせながら寝ればいいじゃない。
ではでは。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425065912

この記事へのトラックバック

ゲーム ブログランキングへ